Expectation chart in the future〜Awoke from the dream 夢から醒めた b〜

解説|感想|プロフ
ドリーム機能 * * * 「あっ、波音!」 「莉菜ちゃん!!」 休憩室をあとにした波音は、人気のない廊下で、偶然親友の莉菜に会った。 波音は笑顔で駆け寄る。 「こんなトコで会うなんて珍しいね。‥まぁ、毎日1組の教室で顔会わせてるけどさ。」 「ふふっ、そうですね。 私はですねー、今さっき冬獅郎くんにお会いしてたのです。」 波音は日番谷に了承をもらい、1番仲の良い莉菜にだけは、彼と付き合ってることを話したのだ。 そのため莉菜は、波音にとって良き理解者である。 「よかったじゃん。一次受かったことも報告したんでしょ?」 「はいっ!すごく喜んでくださって、頭を撫でたり、…き、キスしてくださって…」 「へぇ‥?」 「それでですね、『十番隊で待ってる』と言ってくださったのです!本当に優しくて、ステキな方なのですっ♪」 「…じゃ、波音はもう進路決まるんだね。」 明るい莉菜の声音と瞳に、影が宿った。 さみしそうである。 その様子を悟り、波音が顔と手を横に振った。 「そんな、二次が受かればの話ですよ!?」 「けどさ、波音は優秀だし感じもいいから、きっと受かるよ。 …いいよね。あたしなんて未だにやりたいことも、進路もハッキリしてないもん。 ……きっと、波音とは離ればなれになっちゃうしさ。」 「では、こうしませんか?」 「え?」 キーンコーン、カーンコーン…… 昼休みが終わりに近づき、予鈴が学校内に響き渡った。 しかし莉菜の耳には、波音の声が確かに聞こえて、届いていた。 「…オッケー、忘れないでおくよ。あたしもがんばらなくちゃ。」 「はい、そうこなくっちゃです!」 「へへ。‥あっ!!次の教室って第4音楽室じゃん!?」 「大変です、急がないと‥」 「早歩き出来る?」 「はい、大丈夫です。」 「よし、行こう!」 二人は、やわらかな光が差しこむ廊下を歩き出した。 時折、たわいもない会話をこぼしながら。 しかし。 波音が日番谷の話をする度に、莉菜の笑顔が微かにくすんでいくことに、 波音は気付けなかった。─ * * * その日、波音は夢を見た。 薄暗い空間に、女の子が一人佇んでいる夢。 ひじ近くまで伸ばした青色の髪がさらさらとなびき、 大きくて気の強そうな藍色の瞳がじっとこちらを見つめていた。 まばたきを何秒か置きにしながら、視線は逸らさない。 その瞳で、自分に何かを伝えようとしているかのように。 ─ 夢‥?それとも現実? 夢の中でそう思ってしまうほどに、少女の色がくっきりしている。 『………っ。』 うつむき気味に、少女は唇を動かした。 しかし、何と言ってるのか聞き取れない。 ─ お願い、もう1度。もう1度、おっしゃってください。 波音は少女の声が聞きたくて、耳を澄ました。 その気持ちに応えるかのように、女の子は顔を上げて、しっかりと波音を見つめた。 瞳には、涙が光っていた。 『バイバイ。』 「!!」 目が覚めた。 冷や汗をうっすらかいた体をベッドから起こし、周りを見回す。 紛れもない、学生寮の自室だった。 「今の‥本当に夢‥‥?」 呼吸や心拍まで、速くなっていた。 夢から醒めて、こんな風になったのは初めてだ。 そして、寝る時までは確かに存在したルームメイトや、その人物の持ち物がごっそり消えていた。 「どなただったのでしょう…?」 二段ベッド上の、空いたベッドに目を向けるヨユウもなく、波音は布団に身をもぐした。 空のベッド脇のネームプレートに書かれた、 “桔梗莉菜” の名前が消えるのを、見届けることはなく。 ⇒後書き
[登場人物名設定]


合計:6650 本日:4 昨日:3
[問合せ]

[編集][新規]
[友達に教える]

i-mobile

携帯小説/Expectation chart in the future〜Awoke from the dream 夢から醒めた b〜
(C)モテカワノベル




Copyright(C)2007- PROJECT ZERO co.,ltd. All Rights Reserved.